転職活動中のパチンコ店長ブログ

転職活動中の現役パチンコ店長が業界情報を語る!

パチ屋がプロを寄せ付けないために実施する営業と手法とは!?

f:id:kaiji-delivery:20190228072729j:plain


一生一度の我が人生

奇跡なんて信じない

勝率だけを追い求め

行くか行かぬは己の心

この道一つと心に刻み

恥じる事無く突き進む

我が行く道に悔いは無し

       リュウジ

今回のお題

ちわーっす!TONEGAWAブログを見ているみんなぁー久々の登場リュウジっす!
ついに元号が変わっちゃうねー【令和】うーんなんだかしっくり来ないのは俺だけか?

まぁ何はともあれ新しい時代に突入するわけだから、就職活動中のTONEGAWAくんにも心機一転頑張って欲しいと思うよ!

 

ではさっそく今回のお題はコチラ
【プロを寄せ付けないために実施する営業と手法】

パチンコ店とパチンコのプロとの関係って昔からあるんだけど、その関係性ってのは決して友好なものでは無いんだよな。
そもそもパチンコ・スロットにおけるプロとは何なのか?何でパチンコ店はプロを嫌うのか?
そして、パチンコ店が実際に行っている対策なんかも含めて書いて行こうと思うので最後まで世露死苦ゥ!!

 


パチンコ店におけるプロの定義

まぁ一般的にはプロと言うのは、プロフェッショナルの略で、その分野で生計を立てている人の事を指すんだろうけどパチプロに関してはこれが当てはまるのかは何とも言えないところだな。

 

昔で言えば【梁山泊】なんかはかなり有名なプロ集団で知っている人も多いと思う。
梁山泊はCR機が出始めた30年ぐらい前から活動していた集団で、TVとかでも良く取り上げられたから知ってる人も多いと思う!
彼らの手口はパチンコ台の仕組みを徹底的に解明して大当たりの乱数を意図的に狙った攻略が多く、まさにパチンコの攻略法って感じだった!


でも今はパチンコ・スロットにおける大当たりの抽選方法も、こういった攻略が出来ないような仕様に変わっているから、梁山泊のようなプロはいないんだ!

他には【台の不具合を利用した攻略法】ってのもあるな!有名なところだとスロット4号機時代のサミー機コピー打法とか初代CR蒼穹のファフナーのタイミング打ち、CR銭形平次のひねり打ちなんかもこの類になるな!


こういった攻略法は、梁山泊のやってた攻略と根本的には同じだと思うんだ!遊技台の抜け道(傷ネタ)を見つけてそこを狙う訳だから!
でもまぁ今は市場に出回っているほとんどの遊技機に、こんな欠陥は無く、こういった傷ネタが出てくるのってホント稀な事だと思うよ!
メーカーだってそんな事で信用を失いたくないだろうし、意図的に作るってのも考えづらいしな!

 

そして今のご時世、一番多いプロの認識は【スペック・仕様を理解した立ち回り】をする人達だと思う。
具体的にはスロットのリセットや天井・ゲーム数狙い、子役カウンターなどを使用したスロットの設定看破、ボーダー数値以上の調整を狙ったパチンコの立ち回りなんかをしている人達をプロって呼ぶ事が多いと思う。
でもこれは、別に違法な行為をしている訳では無いし、単なる期待値・勝率を上げようとする立ち回りだと俺は思うよ。

 

以上の事を含めて、パチンコ店はプロという認識を持っているんだと思うんだ!まぁこの認識って店が勝手に決めているだけなんだけどな!
まとめるとパチンコ店におけるプロの定義は【店の意思に反して意図的に出玉を獲得する人】って感じになるんじゃないかな!

 

あとは良くプロと勘違いされているのが【ゴト師】と呼ばれている輩なんだけど!
そもそもゴト師ってのは、犯罪者だからwパチンコやスロットで不正行為を行って玉・メダルを出すのがゴトであってプロの定義には当てはまらないからな!


プロを排除する理由

一番の理由は【一般客の減少】だな!特定の客が連日出していれば、一般のお客さんからの印象は良くないしな!
勝率を上げようと期待値の高い立ち回りしかしていないお客がいたとしても、それを知らないお客は「店が特定の客だけ出している」っていう風に思う事もあるだろうし。
特に年配のお客なんかはそういった考えになりやすい傾向にあると思う!

 

あとは、パチンコ店ってのは当たり前の話だけど、商売だからさ利益の圧迫ってのも一般客の減少につながるんだよ!
遊技台の欠陥を狙った攻略法であっても、期待値を求めた立ち回りであっても、予定以上に出玉を出されれば店の利益は圧迫されることになる!


その利益を補填するためには、調整をキツクしたり設定配分を下げたりしないといけなくなる訳で、結果的に他のお客さんからの回収になってしまうんだよ!
つまり、店の意思に反して意図的に出玉を獲得する人が居れば、そのシワ寄せは他のお客にいってしまうんだよ。


そうなれば、当然お客さんも減っちゃうわな!店からすればお客さんが減れば経営も苦しくなるだろうし良いことなんて無いんだよ!

だからパチンコ店がプロを排除する理由ってのは【一般客の減少】を防ぐためになるんだと思う!

 


プロ対策

んじゃどうやってプロを排除するか?
一番多いのが【プロお断りのハウスルール】だな!「当店がプロとみなしたお客様の遊技はお断り致します。」って感じのPOPを掲示しているホールは多いと思う。
そもそもこれって何なのか?って話なるんだけど、俺の見解ではこれは【遊技を断るための大義名分】なんだと思う!


例えば遊技台の欠陥で攻略法が出回った場合でも、このPOPを貼っておけば、すんなり遊技を断ることが出来てすぐに台を止める事が出来る!
もしPOPが無かったら「どこにそんなこと書いてんだよ!普通に打ってるだけだろ!」なんてゴネるやつも出てくるからな!


俺が働いていた店でも以前、藤商事のCRエキサイトラッシュって台の傷ネタがあった時、遊技を止めさせるのにスゲーゴネた客が居たのを思い出したぜ!

あとは、あまりにも他のお客さんの迷惑になっているようなヤツがいる時にも、このPOPを掲示していることによって遊技を断る事が出来る!
あからさまにゲーム数や天井狙い・リセット狙いといった期待値が高い台しか遊技しない客がいて、他のお客さんからのクレームも多い場合は店としても対策を考えることになる。


まぁ最初はそのお客に対して、お願いと言う名の注意をして、それでも改善が見られない時には当店でプロとみなしたというテイでお断りする!
これに関しては、よっぽどの事が無い限りはしないんだけど、やっぱり店としてはこういった客を好ましく思わないのも確かなんだよ。

 

他に対策としては、スロットの場合は、設定変更台を分らなくする為の対策、リセット潰し、宵越し天井潰し、なんかは良くやっている店も多いと思うよ!
パチンコでは、一発台系を強く使っているホールなんかは対策をしている事が多いな!こまめに調整したり傾斜を変えたり、中には台を他の場所と乗せ換えしてる店なんかもある!


あとは、最近の台はあんまり無いけど、開店前の潜伏チェックなんかも過去にはやっていたな!
いずれにしろこういった作業は【営業時間外での対策】になっていて、そもそもプロを寄せ付けないために事前に行っている対策になる。


まとめ

今回のお題【プロを寄せ付けないために実施する営業と手法】をまとめると

パチンコ店におけるプロの定義は【店の意思に反して意図的に出玉を獲得する人】で、プロを排除する理由は【利益の圧迫】【一般客の減少】につながるためである。
プロ対策としては【プロお断りのハウスルール】を決めて掲示したり【営業時間外での対策】を行っている。

と言うのが今回の見解となる!


やっぱパチンコ店ってお金が掛かっているから、こういった問題って切っても切れないんだと思う!
年々パチンコ・スロットに対する規制が厳しくなってきているけど、それでも攻略要素がある限りプロという存在は無くならないだろうし、店とプロの戦いは続くだろうな!

 

という訳で、今回はこの辺で!
最後まで読んでくれてありがとう!また会おうぜ!