転職活動中のパチンコ店長ブログ

転職活動中の現役パチンコ店長が業界情報を語る!

【質問の回答】:ホールとユーザーの交換率計算のギャップについて

f:id:kaiji-delivery:20190127183631j:plain

おはようございます。

今回はDM頂いた質問を記事にて回答させて頂きます。

それと、コメントですが…はてな以外からも書き込みできるようにしましたので、機会があればご利用下さい。

質問内容

少し前の話しなのですが質問させてください。

年末、暇が出来たので知人が働いている、とあるパチ屋に向かい旅打ちを検討しておりました。

遠征前日に色々と聞ける範囲で情報収集をしようと、友人にTELしイベ機種であったり交換率等々を確認!

※47枚スロの交換率:18.2円/枚との事

当日は、47枚スロの番長3で実践と言った流れで+300枚程度で稼働終了といった流れでした。

交換して帰宅しようと思いきや、交換時の金額に何やら違和感を覚えた私。

交換率を計算してみると、17.8円/枚と知人が言っていた交換率より低い金額でした。

知人はその店の役職者でもあり、付合いも長い友人です。

その知人が偽った内容を伝えるとは考えにくいので、ユーザーとホールで交換率の算出方法に違いがあるかどうか聞きたくなりました。

お忙しいと思いますが、ご連絡お待ちしております♪

 

ご質問頂きありがとうございます。

それと、少々お返事が遅くなりすみません。

尚、店舗名が記載されていなかったので、上記の事案を元に色々と私の見解を書かせていただきたいと思います。

質問の回答

では早速ですが、回答させていただきます。

①:ホールの営業形態

まず、ご友人から伝えられた交換率についてですが明確に18.2円/枚と返答されたのであれば、業界用語でお話しをさせて頂くと「11.6割営業」の店舗と思われます。

ややこしい説明は省きますが、上記は分岐割数と言ってホールの損益分岐を表しています。

 

尚、11.6割営業と判断したのは簡単な計算で算出できます。

損益分岐割数=貸し玉÷交換率

今回の場合、貸メダルが21.2円(47枚スロ)と言う事でしたから…

21.2円÷18.2円=1.16で11.6割営業と判断しました。

 

では本題の「ユーザーとホールで交換率の算出方法に違いがあるかどうか」についてですが…

結論から申し上げると計算時にギャップが生じる可能性があります。

下記をご覧ください。

②:ホール側の交換率計算

まず、ホール側の交換率計算についてですが計算方法は下記の通りとなります。

交換率=貸し玉÷分岐割数

ご質問頂いた内容に当てはめると、交換率=21.2円÷1.16となるので18.2円となります。

 

ご友人はこの計算で交換率を伝えたのではないか?と思います。

交換率を偽っているわけではないと思うので、ご安心くださいませ♪

 

③:ユーザー側(匿名希望さん)の交換率計算

では、次に匿名希望さんが計算した交換率算出方法について書かせて頂きます。

あくまで匿名希望さんが計算したであろう、計算方法ですが…

500円÷28枚=17.8円と言った計算方法ではないでしょうか!?

上記の500円とは、特殊景品の最小景品を表します。

この計算で算出した交換率の場合、今回のようなユーザー側とホール側で乖離が発生する場合もあります。

 

④:交換率の乖離についての説明

この乖離についてですが、簡単な話しです!

仮に500円の景品を18.2円交換で取る場合、単純計算で500÷18.2円で計算することが出来ますよね?

しかしながら、上記計算をした場合「500÷18.2=27.4」となり小数点(端数)が発生致します。

ホールはこの小数点を切り上げて対応するので、この場合500円景品は1枚切り上げる事になるので「28枚交換」となります。

500円÷28枚=17.8円といった流れになります。

ご友人は役職者と言う事もあり、①の計算方法で計算する事も多いのではないでしょうか?

それと、交換した時にアメちゃんとか渡されませんでしたかね?

もし渡されたのであれば、それが端数分の景品です。

 

回答は以上となりますが、プラス収支で終われてよかったですね♪

また何かあれば、お気軽にどうぞ!!