転職活動中のパチンコ店長ブログ

転職活動中の現役パチンコ店長が業界情報を語る!

転職活動中のパチンコ店長が…入社前にブラック企業を見分ける方法を考える!

f:id:kaiji-delivery:20190122104128j:plain

現代でニュースやメディアにも数多く取り上げられている「ブラック企業」ですが、入社前に自分が就職する企業がブラックかどうか見極めることで被害に合わず快適に仕事と向き合える生活を手に入れることができるでしょう!

今回は、転職活動中ともありブラック企業の特徴と入社前の対策フォーカスして記事を作成してみました。

 

 

本記事について 

「残業代が払われない」「過酷な労働条件」「パワハラ」「モラハラ」などブラック企業には社員を苦しめる様々な問題点があります。

 

本記事では、入社前に就職する企業がブラック起業かどうか?を見分ける方法や入社前に注意していただきたいポイントなど「ブラック企業に勤めない」ための方法やポイントを色々と調べたのでレポート&ご紹介していきたいと思います。

これから先に就職を検討されている方には参考になるかもです!?

「ブラック企業」とはどのような企業なのか!?

ブラック起業かどうかを見分ける前に、まずはどのような企業がブラック企業なのかを知っておく必要があります。

ブラック企業は「定義」というものがなく明確なものではありませんが、国がブラック企業の特徴を上げており厚生労働省が示す「ブラック企業に見られる特徴」をご説明します。

 

<厚生労働省が示すブラック企業の特徴とは?>

・極端な長時間労働やノルマを課すこと

・サービス残業やパワハラなどコンプライアンス意識の低さ

・こうした状況下で労働者に対して過度の選別を行うこと

 

このような特徴が国の厚生労働省から示されています。

この特徴が見られる企業はブラック企業であると確実に言える職場でしょう!

ちなみに私の職場では、長時間労働や過度のノルマ設定をされる傾向が強く…

上司は私らに仕事を振るだけ振って定時に退社。

私らは残務の処理で毎日のように残業…ホントに馬鹿らしい毎日です(苦笑)

 

ブラック企業を見分けるポイントとは!?

次にこのブラック企業をどう見分けるべきか?少し書かせて頂きます。

就職先を選ぶ場合、数ある企業の中から自分が求めている条件が当てはまる企業を選びますが…

何気なく見ていた求人広告やホームページにブラック起業かどうかを見分けるポイントが潜んでいるのをご存知でしょうか?

 

企業選びの際に注意すべきポイントは以下のようなものになります。

 

<転職の際にはココに注目!こんな企業は危険な可能性大!?>

①:長期間募集がされている企業

②:高すぎる給料が記載してある企業

③:若い人を募集している企業

④:面接で詳しく説明をしてもらえない企業

⑤:従業員の数が多い上で求人をしている企業

 

ご紹介したポイントに当てはまる企業の全てがブラック企業だと言い切れるわけではありませんが、上記のポイントに当てはまる企業はブラック企業である可能性が高い企業だと言えます。

ちなみにパチンコ店の求人は、①~③に該当する事が多くイメージと傾向からブラックと言われる事も多いのですが…

個人的には、福利厚生や給与面もしっかりしており他業種よりは多少クリーンなところが多いと感じています。

自社は別ですがね(苦笑)

 

入社前に注意すべきポイントについて

次にブラック企業に入社しないよう、気を付けるべきポイントをいくつか書かせて頂きます。

企業の口コミをチェックする

ネットに企業の口コミサイトが存在していることもあり、口コミサイトにはその企業に勤めていた社員や第三者から見た企業の印象などが書き込まれているため、口コミサイトをチェックすることは企業の詳細を知るためには重要なこととなります。

(※口コミサイトの意見は100%信用できるものではありません。あくまでも参考程度に捉えるのが良いでしょう。)

 

気になる企業の説明会には積極的に参加する

説明会は実際に働いている現役の社員の方から話を聞くことができる貴重な機会です。

説明会で具体的な企業の仕事内容や内情を知って企業を理解することで「ブラック企業かどうか」を見分ける判断材料になると思います。

 

面接を受けて良い起業かどうかを判断する

個人的に、入社前にブラック企業かどうかを見分けるポイントとして有効なのが「面接」だと考えております。

面接の内容や面接官の対応などを見て「どのような企業なのか」を見ることができ、面接後に採用を決定してしまうような簡単で内容が全く無い面接を行う企業は要注意でしょう…

 

また、面接を受ける際には「労働条件」や「残業」「お給料」などを積極的に質問した方が良いと考えており…

こちらが質問した内容に対して曖昧な返答をしたり、濁してくる場合はブラック企業である可能性が高いと言えます。

 

求人広告やホームページからブラック企業だと見分けることができる企業も少なくありません。

自らが進んで企業のことを調べ知っていくことでブラック企業を見分けることができるため、企業を選ぶ際は慎重に見極めて自分が安全に快適に働ける場所を見つけるようにしていきたいところですね!

 

ブラック企業を見分けるための必須ツール!?

ブラック企業を見分けるための必須ツール…

それは、東洋経済新報者から発行されている「就職四季報」と言うもの!!

「就職四季報」では三年後離職率や平均勤続年数をチェックすることができる書籍で「三年後離職率」と「平均勤続年数」はブラック企業を見分けるための重要な情報になります。

毎年、最新版が発行されている書籍で最新の企業の状況を知ることができ、企業を見分ける有力な情報を得ることができます。

 

電子書籍としても発行されているものなので、本屋さんに行かなくてもお持ちのスマホで購入して閲覧することができるため活用してみるのも一考でしょう。

 

最後に

最後に、本記事を簡単にまとめますと…

就職してから「ブラック企業だった」と気付いて自分が苦しまないように入社前に見分ける力が必須であり、重要って事でしょうかね!?

今回、記事にて一例をご紹介させて頂きましたが、ブラック企業は少しのポイントに気を付けて見てみると案外簡単に判別可能な場合もあるようです。

転職等をご検討されている方は、将来の自分を守るためにも今回ご紹介した方法やポイントが何かの参考になれば幸いです。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。