転職活動中のパチンコ店長ブログ

転職活動中の現役パチンコ店長が業界情報を語る!

【ホールが頭を悩ます機種】:利益が取れないパチンコ5選を紹介(問い合わせの回答)

f:id:kaiji-delivery:20181224150231j:plain

昨日DM頂いた回答になります。

【質問内容】

「連日、牙狼が赤字との話しを聞きますが…ホールが利益を取りにくい機種って他にもあるんですかね!?」

回答を記事にしましたので、ご覧いただければと思います。

利益が取りにくい「薄利の定義」

ご質問にあった、利益が取りにくい機種との事でしたが…

戦略上、利益を取らない機種も存在すれば、純粋に仕様が甘く、薄利となってしまう機種も存在します。

その為、今回の回答に関しては…

・営業戦略上、薄利運用するパチンコ機種

・調整が効きにくい、パチンコ機種

上記、2点を薄利(利益が取りにくい)と定義し、「機種」をご紹介していきたいと思います。

尚、機種に関しては遡ると結構あるので、直近で上記2つに該当するものを5機種ほど抜粋しました。

 

利益が取りにくいパチンコ:第5位

f:id:kaiji-delivery:20181225092121j:plain

機種名:海シリーズ全般 三洋物産

カテゴリー:ミドル、甘デジ

タイプ:確変ループ、ST機 

 

【コメント】 

こちら機種に関しては、パチンコの王道スペックとなっており看板機種にしているホールも少なくない。

主要客層は、イメージの通り年配客が中心で間違いない!!

ホールからすると、良質な客層が遊技している機械なので、過剰なまでの粗利確保は難しい機種でもある。

稼働状況としては、店平均より良好なホールが多く貢献度も高いと思われ、そこまで利益重視の営業をするところは少ない。

このことから、海シリーズに関しては、営業上「薄利運用」の対象機種となり利益が取れないわけではないが、必要以上に粗利を確保しないホールが多い。

 

【実際の運用例】

こちらは自店の調整例となります。

※3.57円/11.2割営業

機種:CR大海物語4MTB

金種:4円

台数:12台

スタート:5.5~5.8回前後

千円S:18~20回前後

出玉率:97%~100%

玉粗利:0.15~0.30

 

頻繁に調整する事はないが、下限のアウトを下回った際に開け戻すような流れ。

基本は、稼働維持できる玉利(0.20前後)で運用。

粗利が欲しい時でも、極力0.30以上の調整にはならない様にしている。

仮に抜きっぱなしの営業をした場合、稼働低下と共に調整もきつくなっていくので、生涯粗利を減らしてしまう可能性もある。

尚、良質な客層の来店頻度が低下した場合、他機種への悪影響も懸念されるので薄利運用にせざるを得ない。

 

利益が取りにくいパチンコ:第4位

f:id:kaiji-delivery:20181225095900j:plain

機種名:CR牙狼TUSK OF GOD サンセイ

カテゴリー:ミドル

タイプ:確変ループ

 

【コメント】

12月導入から全国的に赤字の猛威を振るっている「牙狼」。

自店でも数台導入したが、4日間は赤字でした(苦笑)

調整上、粗利がしっかり取れるであろう調整でも、粗利が取れていないホールが多く、多少話題となっている機種。

その取れない要因は、個人的にTYにあると推測している。

設計値では、TY:約4,000発前後とされていたが…自店の実績値は、TY:約4,600発と上振れしている。

一部では、設計ミスとの話しも持ち上がっているようだが、真相は定かではない。

参考までに、出玉別のシュミレーション記事を以前書いたのでご紹介します。

【出玉別:シュミレーションあり】赤字が続く「CR牙狼TUSK OF GOD」の考察と実績。 - 転職活動中のパチンコ店長ブログ

 

利益が取りにくいパチンコ:第3位

f:id:kaiji-delivery:20181225100351j:plain

機種名:CRクジラッキーYCA サンスリー

カテゴリー:ライトミドル

タイプ:一種二種(シンフォギアタイプ)

 

【コメント】

本機は、お付き合い機種なので、どこも導入台数は少ない事でしょう。。。

しかし、この機械…事前情報では、激辛仕様といった情報がありましたが、実際は利益を取れないホールが続出しております。

なぜに、利益が取れないかと言うと…調整が効きにくい為です。

 

本機は、ヘソ抽選だけではなく、盤面上部の役物でも抽選をしております。

役物入賞時の大当り確率は、約1/4と破格であると共に、RUSH突入率が100%となっています。

その為、そのルートから大当りした場合は、かなりの連チャンとなり赤字になりやすい機種でもありますw

自社グループでも、40,000発の報告もあり今年頭を悩ます1台になりました。

尚、本機は調整ではなく「傾斜」による役物入賞率が重要な機械なので、日々、傾斜の微調整等、四苦八苦しているホールも未だ存在しております(苦笑)

 

自社もそうですが、調整のノウハウはあっても、「傾斜」のノウハウは持ち合わせていないホールも多いですからね。。。

そりゃ、苦戦しますよ(泣)

話しをまとめますと、釘ではなく傾斜の調整ミスで粗利が取れない機械って事ですね。

私個人の見解では、設計ミスだと思っていますがね…

 

打たずにわかる良台判別は↓

調整ミスで万発連発!大当り100回OVERで4万発出る機械の存在とは!? - 転職活動中のパチンコ店長ブログ

 

利益が取りにくいパチンコ:第2位

f:id:kaiji-delivery:20181225102343j:plain

機種名:CRAナナシーDX66VV 豊丸産業

カテゴリー:特殊タイプ

タイプ:一般電役

 

【コメント】

こちら一般電役を代表する「ナナシーシリーズ」。

通常は、1/66で大当たりの抽選をしており、比較的気軽に遊べる機械。

出玉に関しても、一度の当たりで約700個ほど獲得できるので見返りもそこそこ!!

尚、本機の特徴としては、大当たり中に大当りの抽選を行うのが最大の特徴であり、連チャン時は、軽く1,400発以上は獲得できます。

 

この機械、調整ができないわけではありませんが…調整のわりに薄利になってしまいます(苦笑)

その原因は、客滞率(持ち玉遊技率)にあります。

簡単な話し、大当たりの出玉で次の大当りを引く可能性が高く、売上が上がりにくい仕様なのですw

その代わり、ベースが低く売上補填の要素もありますが…良好な初当たり確率で相殺される事が多いです。

つまりは、持ち玉で粘ればそこまで負けることはない機種って事ですね。

 

【実際の運用例】

こちらは自店の調整例となります。

※3.57円/11.2割営業

機種:CRAナナシーDX66VV

金種:4円

台数:2台

スタート:4.7~5.0回前後

ベース:8~10個前後

千円S:14回以下

客滞率:360%

玉粗利:0.08~0.16

 

ご覧の通り、千円スタート約13回と甘い運用ではありませんw

が、しかし…持ち玉遊技率が高すぎて、意図的ではありませんが、薄利となってしまいます(苦笑)

大当り出玉:700個で試算しても、40回ほど回す事ができるので、約50%以上の確率で大当たりを引くこともできますからね。。。

 

利益が取りにくいパチンコ:第1位

f:id:kaiji-delivery:20181225105134j:plain

機種名:CRA昭和物語10 A-gon

カテゴリー:特殊タイプ

タイプ:普通機

 

【コメント】

手打ち式ぱちんことして登場した本機ですが、今や設置台数:全国20台とかなり希少となったようです。

実際私も、中古で1台導入した事があります。

懐かしさから、年配客の間でも話題となり多少の集客効果もあったのですが…

稼働2週間で撤去しました(苦笑)

 

導入当初は、数日間ノーマル調整で運用し粗利もしっかり取れておりましたが、いつの日からか輩連中が占領するように…

そして、連日の赤字w

平均で約20,000発以上の赤字になってましたかね…大当り回数も300回越え続出(焦)

その事案から、極悪調整も試みましたが、どう頑張っても出率:107%から下がりませんでした。

流石に見切りをつけて、即撤去した記憶が今でも鮮明に残っております。

運用した感じ、あれは調整無理って感じでした(苦笑)

 

以上、直近で利益がとりずらいパチンコを5機種ほど紹介してみました。

DM頂きありがとうございました。

 

 

/* ライブラリ遅延 */