転職活動中のパチンコ店長ブログ

転職活動中の現役パチンコ店長が業界情報を語る!

【出玉別:シュミレーションあり】赤字が続く「CR牙狼TUSK OF GOD」の考察と実績。

f:id:kaiji-delivery:20181220102043j:plain

12月より導入開始となった、牙狼の最新作「CR牙狼TUSK OF GOD」…

何やら、全国的に導入から赤字が連発している模様です。

データの紹介等々をまとめてみましたので、ご覧くださいませ。

全国平均実績と自店の実績

参考までに全国平均と自店の運用実績を記載いたします。
【全国平均】
アウト:44,700個 売上:63,000円 粗利:-4,650円(12/18)
アウト:4,2550個 売上:60,700円 粗利:-3,200円(12/19)

【自店実績】
アウト:30,700個 売上:42,980円 粗利:-2,230円(12/18)
アウト:33,400個 売上:47,760円 粗利:-1,920円(12/19)

 

ご覧の通り、全国平均同様に、自店の実績も赤字(焦)

初日はノーマルで運用したが、2日目以降の調整は、S5.1/18.0回 BA:90で、理論上「玉利:0.30前後」の調整なんですけどね…

数日間なので、ブレているだけか!?と思いきや、全国平均も赤字とはね(苦笑)

系列全店で導入したので、各店の店長陣にも話しを聞いたのだが、初日はノーマル運用だったが8割の店舗で「赤字」といった実績に…
黒字にになった店舗は、交換率(13割)が低い為の黒字であったが、台粗:1,000円前後と薄利であった。

 

牙狼が甘い原因について

こちら甘い原因についてですが、正直わかりません(苦笑)

しかし、データから見るにTYの上振れが現状強いのではないかと!?

設計値では、TY:4,000前後と聞いていたが、自社系列の運用実績では、初日TY:4,900とかなり上振れしていた。

自社の実績だけではなく、全国的にも設計値以上の数値になっている傾向が強く、赤字の実績にイライラしている店舗も少なくないようです(苦笑)

 

同僚とも話しをしていましたが…

いくら短日の実績がブレるとはいえ、全国平均が赤字になるなんてあり得ません。

そもそも、設計ミスがあったのではないかと…

実際、TYの設計値が間違っているかどうか不明ですが、現時点でTY値が高い事は間違いないので、TY別のボーダーシュミレーションも作成してみましたので、ご覧くださいませ。

 

TY別ボーダーシュミレーション

 ※TY以外は、設計値通りの数値を参考にしています。

TY スタート 千円S
4,000 5.85 22.0回
4,100 5.73 21.3回
4,200 5.66 21.0回
4,300 5.57 20.5回
4,400 5.46 20.0回
4,500 5.37 19.5回
4,600 5.28 19.1回
4,700 5.20 18.7回
4,800 5.10 18.3回
4,900 5.03 17.9回
5,000 4.95 17.6回

 

以上が、TY別の試算となります。

実際のTY値は、定かではありませんが…自店系列の平均値はTY:約4,900個!

自店の調整は、S5.1/18.0回 BA:90で、理論上「玉利:0.30前後」の調整で、TYは約4,000で試算している。
これをTY:4,900で現状の運用した場合は…「玉利:-0.02」となり、赤字に転落する。
尚、この試算をした場合、出率は105%にまで達するそうだ(苦笑)

 

実際、TY値が全国的にも上振れしているようだが、正確な数値まではわからない。

仮に、4,800以上の数値になろうものなら…あの、「北斗無双」を上回ることとなり、

現状でトップクラスの出玉性能を有する事になる。

 

今後の見通し

はっきり言って、現時点では…設計ミスかどうかもわからないので、メーカー補償とかそういった話しは不透明!!

しかし、ホールに設置されているこの機械は現実問題「赤字」を垂れ流しているw

今後の見通しとしては、まず黒字転換が絶対なので、「粗利が取れる域まで調整」を模索するホールが増えるでしょうね。

今週末には、ある程度ホールの調整が決まるってくるのではないかな!?と思っております。

 

それと、最後に参考になるかわかりませんが、千円17回以下のホールであれば、流石に粗利は取れているようです。

その為、打てるかどうかは別にして、最低でも17回以上の台を打ちたいところですね…

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます。