転職活動中のパチンコ店長ブログ

転職活動中の現役パチンコ店長が業界情報を語る!

今後の新規則パチンコはどうなる!?設定付き、設定なしどちらが主流になるのか?

f:id:kaiji-delivery:20181127110717j:plain

徐々に登場している設定付きパチンコ新内規!!

多少の話題性があり、初期稼働時は話題にもなったが…

今後どうなることでしょう!?

本記事は、設定付きパチンコ・設定なしパチンコどちらが今後の主流になるのか?

私個人の考察を記事にしましたのでご覧くださいませ。

新内規の種類について

2018年8月に登場したPヴァルヴレイヴを皮切りに、市場に登場する事となった新内規…

ご存知の方も多いと思いますが、新内規の種類と特徴から簡単に説明していきたいと思います。

 

まず設定付きパチンコとは!?

2018年2月1日に施行された規則改正により、パチンコに「設定」をつけられるようになりました。
設定付きパチンコになることで、設定毎に大当り確率を設ける事ができるパチンコとなっている。

特徴としては、各設定毎に大当り確率が異なる点!!

設定付きは、初当たり確率と確変中の確率が設定毎に異なる仕様となっております。

そして、この設定付きですが…

設定で利益調整を可能としているので、調整行為は表向きにはできないこととなっています。

 

設定なしのパチンコ

こちらは新内規でありながら、設定機能を搭載していないパチンコ!!

特徴としては、設定がないため確率も一律な仕様。

無論、表向きには釘調整などできません。

 

簡単に2種の新内規に関して説明してみました。

それでは、次に実際の運用データをご覧ください。

 

新内規の運用データ

こちら実際の自店でのデータと、全国データをまとめたものになります。

 

設定付きパチンコデータ

 

期間 アウト 粗利 スタート ベース BA TS
設定① 8,230 2,120 5.7 35.5 96 96
設定② 7,300 500 5.6 36.0 96 175
設定③ 6,500 5,300 5.8 36.2 96 146
設定④ 5,500 2,010 5.8 35.7 95 134
設定⑤ 12,000 -1,560 5.7 36.6 93 124
設定⑥ 6,000 2,330 5.7 35.9 92 117

 

こちら機種は、Pスーパー海物語IN沖縄2SAHSになります。

各設定毎に稼働させたデータであり、出荷時のゲージにて集計を取ったデータになります。

ご覧の通り、辛すぎなんですよねぇ~稼働飛んじゃいましたよ(苦笑)

 

設定なしパチンコデータ

次に設定がないタイプのデータをご覧ください。

 

  稼働 売上 粗利
初日 42,300 68,847 18,380
2日目 42,370 69,580 18,623
3日目 42,150 69,120 16,800
4日目 44,870 69,710 17,546
5日目 43,850 69,665 19,232
6日目 42,900 67,030 16,495
7日目 37,030 61,249 14,115
AVE 42,210 67,885 17,313

 

こちらは、新規則ミドル第一弾のP鬼武者のデータとなります。

こちらも設定付きタイプ同様、激辛仕様です。。。

ご覧の通り…真っ黒ですw

P鬼武者のボーダーはこちら

 

続いて、利益率を試算すると…

単純に粗利÷売上=利益率となので…

17,313円÷67,885円=利益率:25.5%となります。

 

交換率別に試算すると、少しややこしいですが参考までに記述します。

交換率別に算出するには、下記の3つが必要となります。

 

・分岐割数

・営業割数

・原価率

 

以上3点。

 

公式はこちら

営業割=(売上-粗利)÷原価率÷売上

利益率=(分岐割数-営業割数)÷分岐割数

原価率=10÷分岐割数

 

分かりにくいと思うので、上記P鬼武者のデータから試算してみます。

まず原価率の算出から!

11.2割営業の場合

原価率:10÷11.2=0.892

 

次に営業割数!

67,885(売)-17,313(粗)÷0.892(原価)÷67,885(売)=8.35割

※見ずらいので、算出した0.835に10掛けてます。

 

そして最後に利益率!

利益率:(11.2-8.35)÷11.2=25.5%

 

※利益率の計算方法は、(分岐割数÷営業割数)÷分岐割数で算出する事が出来ます。

一応、ホール側が算出時に使用する計算です。

参考程度にして頂ければと思います。

 

 

 

 

設定付き×設定なしパチンコ

最後に、設定付きと設定なしパチンコはどちらが主流になるのか考えをまとめましたのでご覧ください。

 

結論からどちらが主流になるかと申し上げると…

設定付きパチンコ以外にあり得ません!!

 

それはなぜか!?

冒頭で書いた特徴にもあった通り…

 

・設定付きパチンコ=設定にて利益調整が可能

・設定なしパチンコ=利益調整不可

 

となるためです。

どういうことかと言いますと、設定なしパチンコで利益を確保するためには調整が必要となりますよね!?

 

調整行為による利益調整を是正するために、設定が搭載されたというのに、設定をつけなかったら調整をしなさい!!って言われているようなもの。。。

まさに、本末転倒です!!

 

この特性からみても、将来的にさらにコンプライアンスが厳格化する事で、設定付きパチンコが主流となり、設定なしのパチンコは小台数で流通程度になるのではないか?とみております。

 

最後に余談ですが、なぜにここまで新内規が辛いのか!?

そもそも、設定なしで調整もできなかったら、ホールは機械を買いません!!

ボランティアではありませんからね(苦笑)

そのため、最初から辛めの仕様で作られている可能性が高いと思われます。

 

それにしても、最近出た新内規…辛すぎて使えませんw

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

/* ライブラリ遅延 */