転職活動中のパチンコ店長ブログ

転職活動中の現役パチンコ店長が業界情報を語る!

P-WORLDの利用率は5%以下の現実!?老舗Webツールの継続可否を考える!!

f:id:kaiji-delivery:20181123120653j:plain

広告宣伝規制が日々、激化するパチンコ業界…

あの老舗”P-WORLD”も解約、もしくは契約グレードを下げる法人も少なくない。

そして、自社でも今後どうするのか検討中の案件!!

本日の記事は、今後の集客ツールにおいて、必須であるWEB媒体・P-WORLDの継続可否をどう考えるか?を記事にまとめましたのでご覧いただければと思います。

情報収集時に利用するツールと利用率について

日々、アプリ等のツールが進化し続ける昨今。

数年前と比べても、比較にならないほど利便性の高いツールが増えホールも活用が当たり前となりつつあります。

しかし、数ある媒体の中で効果が高い物は何か!?

ユーザーアンケートを元に考察と利用状況の説明をしていきたいと思います。

 

ユーザーアンケート:よく使う情報取集ツールは?

f:id:kaiji-delivery:20181122183817j:plain

ご覧の通り、ユーザーは主流となったLINE@から情報取集する場合が最も多く、次いでDMMアプリの「ぱちタウン」の利用が多い現状で取集する内容としては、主に店舗情報・機種情報がメインであろうと思われる。

 

また、Twitterに関しては全体の13%とあるが…上記2つのWEBツールとは取集する内容が異なると思われる。

主にイベント系の情報取集に利用されているユーザーが多いとの事(代理店営業マンより)

 

注目頂きたいのは、LINE@、ぱちタウン同様の用途目的であろうP-WORLDの利用率!!

全体の5%と利用率はかなり低く、両者にだいぶ劣っているだけでなく魅力自体が無くなってきていることが数値からも見て取れると思います。

 

自社の会議でも、P-WORLDの継続可否を議論する事も増えました…

年内は様子を見るとのことで保留案件となりましたが、来年は本格的に利便性の向上と利用率の増加がみられないのであれば、解約の選択をするかもしれませんねぇ~

 

次にユーザーの今後利用したいと思うツールについても、参考データがございますのでご覧くださいませ。

 

ユーザーアンケート:今後利用したいツールは何ですか?

f:id:kaiji-delivery:20181122190209j:plain

こちら今後利用したいと思うユーザーの回答でも、LINE@、ぱちタウンが断トツであり、P-WORLDに関しては、利用率の約半分の2%となっている。

この数値からしても、P-WORLDの衰退はさらに進行する可能性が高く集客効果が期待できないと判断したホールは…解約もしくは、無料版への切り替えも増えることとなりそう。。。

 

 

P-WORLDの現状サービスプラン

次にP-WORLDの現状サービスに関して説明していきます。

ご存知かどうかわかりませんが…P-WORLDは三種のプランが設けられており、契約を選択する形となっております。

それぞれの契約によって案内できる内容であったり性能自体が変わってきます。

 

まずは、そちら3種類のプラン説明から!!

赤屋根(有料版)

f:id:kaiji-delivery:20181123093857j:plain

基本情報:あり

店舗写真:あり

最新情報:あり(画像5枚以上は有料OP)

設置機種:あり

基本料金:月額10,800円(初期費用別)

 

青屋根(有料版)

f:id:kaiji-delivery:20181123093912j:plain

 

基本情報:あり

店舗写真:なし

最新情報:あり(画像5枚以上は有料OP)

設置機種:あり

基本料金:月額7,000円

 

デフォルト(無料版)

f:id:kaiji-delivery:20181123093926j:plain

 

基本情報:あり

店舗写真:なし

最新情報:なし

設置機種:あり

基本料金:月額0円

 

簡単にP-WORLDのプランを記述するとこのような感じとなります。

私の所感としては、ほとんどの契約が赤屋根で、無料版のみといったホールは各都道府県、かなり少ない印象…

青屋根に関しても、店舗画像がないのと、更新しても赤屋根よりに”上位表示”される事がないのでホール件数が多い地域ほど赤屋根を使用している傾向だと思われます。

 

次にP-WORLDの新サービスに関してご紹介します。

P-WORLDの新サービス

DMMが先駆けて実装した「エリアPUSH」…

こちらP-WORLDでも実装されてるようです。果たして出遅れ感がある、既存サービスでどこまで巻き返しができるかどうかは測れませんし、継続する理由になるかと問われれば疑問です。。。

新サービス「エリア定期便」

f:id:kaiji-delivery:20181123100724j:plain

簡単に説明すると、DMMで実装されている「エリアPUSH」と同等の内容サービスになります。

出遅れ感がありますが、需要が高いサービスなのでこれはホールからするとありがたい!!

 

「エリア定期便」の配信は毎朝8時、地域ごとの配信ホール数は5店舗まで。配信料金は地域ごとのフォロー会員数により、1地域500円~5,000円で利用可能。

また配信方法は、①iPhone・Androidアプリへの「プッシュ配信」、②スマホ版ホームページへの「タイムライン配信」、③メールアドレスへの「メール配信」の3種類の方法で一斉配信する。

 引用:遊技通信

エリア定期便の特徴

  • P-WORLDには、既に100万人規模のエリア会員が登録されています。
  • エリア会員であるお客様は、すべて無料で情報をGETできます。
  • 特定地域のエリア会員に向けてプッシュ通知等でメッセージが送れます。

 

注意事項

  • エリア定期便は、毎日朝8時に配信されます。
  • 貴店のフォロー会員には配信されません。(重複してフォローしている場合は配信)
  • 定期便に掲載したい日付、エリアは事前に予約できます。(2か月先まで予約可能)
  • 定期便に掲載できる内容は、チラシ画像と100文字程度のテキスト文。
  • 配信されるまでは自由に編集ができます。(配信当日の朝6時まで編集可能)
  • 予約確定しても、48時間以内ならキャンセルできます。
    ただし、48時間以内であっても配信まで24時間以内となった場合はキャンセルできません。
  • エリア毎に1日分5店舗まで掲載ができます。(6店舗目の予約不可)
  • 同一ホールは、同一エリアに対して月に10件まで予約可能。

 

エリア定期便イメージ

f:id:kaiji-delivery:20181123164945j:plain

上記はプッシュ通知とタイプラインのイメージを引用したものになります。 

プッシュ配信に関しては、DMMぱちタウンのエリアPUSHとほとんど性能は同じなので価格面以外では、特に性能を比較するところもありません。

 

利用料金に関して

 

エリア会員数 利用料金
1〜100⼈ 500円
101〜200⼈ 1,000円
201〜300⼈ 2,000円
301〜400⼈ 3,000円
401〜500⼈ 4,000円
501⼈〜一律 5,000円

 

ご覧の通り、エリア毎の会員人数に応じて500円~上限5,000円に設定されています。

正直、DMMの「エリアPUSH」の価格設定よりは安価に設定されておりますが…

※ぱちタウンの場合:1,000円~9,000円と幅が広い

 

しかし!!

問題は、レスポンスです(苦笑)

価格が安くても、効果が無ければ意味がありませんからねぇ~

ユーザーアンケートから見ても、利用は5%前後とかなり低いので費用対効果を考えると、DMMの方が短期的には効果が高いものと思います。

 

 

他者との告知系サービス比較

ここでは、ぱちタウンとP-WORLDの機能性を比較した内容をまとめて紹介していきます。

 

比較項目 P-WORLD DMM ぱちタウン
PUSH通知 ※メールのみ 〇※1日2回まで
エリアPUSH
固定PR(page上部固定) ※更新順
テキスト告知

※登録都道府県を登録しているユーザーに対して固定で上位に店舗情報を表示させる事が出来る機能。

 

幅の広い告知性能を持っているDMMだが、制限等が多く制限に達した場合利用できない場合がある。

機能面こそ劣るP-WORLDですが、エリア定期便によって固定PR以外は特段差がなくなる。

固定PRに関しては、地域の店舗ページで上位表示をさせる事ができアクセス誘発と店舗アピールするものだが、プッシュ通知系の告知でフォローできるので、このサービスにて優劣はないと思われますw

 

 

私が考えるP-WORLDの役割

次に私個人のP-WORLDの役割に関して記述してみました。

そもそも、今回のテーマはWEBツールの活用に際して、どのツールが必要で、どれが不要なのか?って話しの前に本来の目的は集客であり増収増益です。

P-WORLD、Twitter、LINE@、ぱちタウン等のツールは、所詮手段であって”集客”が出来れば、なくてもいいがホール本音だと思います。

 

しかし、私の結論としては集客と増収増益には上記記載のツールはどれも必要であると考えております。

そして単純に、ユーザー利用率が高い「LINE@」の導入とツール充実が集客効果が高いと思うのが普通だと思われがちですが…私からするとそれぞれのツールに役割があると思っており、決して「LINE@」の活用だけでの集客は効率が悪いと思っております。

 

それは、何故か!?

LINE@は確かに素晴らしいツールであり、ユーザーニーズも高いツールです。

しかし、集客より増客向きのツールではないかと!?

 

簡単に説明していきますので、下記の表をご覧ください!!

f:id:kaiji-delivery:20181123201602j:plain

 

パチンコ店以外のビジネスでも、上記の流れが収益化する上で重要な流れであるかと私自身考えております。

気付いてもらって来てもらう、そしてリピートしてもらい来店習慣をつける=常連客を作る!!至ってシンプルな考えです。

あとは、それぞれの目的には何が必要か考えるってだけの話し…って言っても自社では通じない部分もあり苦労します(苦笑)

 

この図式に当てはめて考えると…

 

ツール ツール役割
LINE@ 増客
ぱちタウン 集客・増客
Twitter 認知・集客
P-WORLD 集客・増客??

 

各ツール毎の役割を分類すると、私はこのような感じになるのではないかと思います。

先ほど記述した集客・常連化までの流れに当てはめると、まず集客が必要なので「ぱちタウン」、「P-WORLD」などの外向け告知ツールにより来店きっかけを作る必要があると考えております。

そして、LINE@などのツールによる情報でリピートを促進する!!

この流れが定石ではないかと…

 

その為、ユーザーニーズの高いLINE@のみであっても集客効果は希薄する可能性が高く、ぱちタウン・P-WORLD等の認知役割があってからのツールではないかと思います。

LINE@に関しては、実際店舗に来店し情報が欲しいホールと思ってからの登録が多くなる為、上記2つのツール役割は果たせないと思われます。

新店とかグランドOPENなどの事前販促では別だと思いますがねw

 

P-WORLDは継続するべきか否か!?

最後に今後「P-WORLD」の継続可否についてまとめていきたいと思います。

自社の会議議題でも挙がる、このP-WORLDの継続可否…

 

私の結論としては…

 

f:id:kaiji-delivery:20181123205234j:plain

 

すみませんw

この前北斗で美味しい思いをしたので(苦笑)

結論、P-WORLDは継続です(笑)

 

継続根拠としては、下記の通り

利用率5%であっても集客役割に換算すると15%と高い
今後ツールの充実でぱちタウンを脅かす可能性大
ユーザー認知度は未だ他ツールより高い

 

以上、3点がP-WORLDを継続するべき私の根拠となります。

今では需要がホール・ユーザーともに少なくなってきている老舗のツールですが、今後既存ツールの同格となる可能性は高いと考えており、返り咲く可能性も高いと見ております。

 

それと…昔から使っているって、多少の情も少しはありますがねぇ(苦笑)

是非とも充実に注力していただきたいところ!!

広告宣伝規制強化によってイベントも減ってきている昨今、DMMと張り合うには解析情報等の充実にも頑張ってほしいと思っております。

 

自社の上司達は、業界人しか見ていないと罵りますが、少数でも情報取集をしているユーザーもいるので解約・グレードダウンは私は反対です。

って来週の会議でバトルしてきます(苦笑)

最近、自社では経費の削減がトレンドなので揉めそうです…w

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

/* ライブラリ遅延 */