転職活動中のパチンコ店長ブログ

転職活動中の現役パチンコ店長が業界情報を語る!

「上司との対立案件」:折り込みチラシは必要か否か!?

f:id:kaiji-delivery:20181023192458j:plain

パチンコ店の営業で最も重要な要素「集客」…ホールによって様々な販促が日々行われていることと思います。

自社でも、会議で最近話題になる「販促ツール」ですが、上司の参入で揉めてばかりの毎日でもありストレスとの格闘でもあります。

本日は、上司と対立中の案件!「折り込みチラシ」の必要性に関して少し考えてみました。

 

上司と対立している内容について

先日の会議での話になりますが…閑散期に入り稼働・粗利低迷が続いておりピリピリしている上司。。。

会議中「集客」の話しになった際、バトル勃発!!

 

上司:「最近の業績低迷は、折込チラシの回数が減っているからだ!すぐに回数を増やせ!!」

 

小田切:「宣伝内容も限定され、効果も薄いと思われるので、今まで通り月1で十分ではないでしょうか!?」

 

上司:「一番観覧されているところに、宣伝を載せんでどうするんだ!!それでも店長か!?」

 

小田切:「一番観覧されている根拠もなければ、費用対効果の検証もしていない(むしろ出来ない)ので宣伝効果も期待できないのではないでしょうか!?」

 

上司:怒りの退席…後日、来週の会議で話すとのLINEが!

 

と、まぁ~低レベル過ぎて恥ずかしいですが、このような感じでプチ対立している次第です。

 

あぁ~面倒くさい上司…

最近の業績低迷で、役員からの圧が掛かっているのでしょう…

 

タイプ的に「俺の言う事が正しい!!」って感じなので、合わせるのも一苦労w

感情論で話はできても、理論的な話しには滅法弱くすぐキレる(笑)

まぁ、嫌いではないのですがね。

 

上司も引くに引けないと思うので、「折込需要の調査」から他の提案まで作ってあげようと思ってます。

 

折込チラシの需要

f:id:kaiji-delivery:20181025091118j:plain

 参考:総務省情報通信白書より(20~60代人口およそ8,000万人)

 

こちらは年代別に「ネット利用者」と折込チラシが該当する「新聞購読者」のデータになります。

上記、グラフを見てわかる通り年代が上がれば上がるほど「新聞購読者」が多い傾向にあり、「ネット利用者」が少なくなっているのが確認できるかと思います。

 

要約すると…

新聞

購読率:約37%

購読者数:約2,900万人

インターネット

利用率:約75%

利用者数:約6,000万人

 

となります。

このデータから考えても、折込チラシよりネット媒体での宣伝の方が閲覧される確率が高く、将来的にも主要になってくるのは「ネット広告」で間違いないのかと…

折込チラシのメリット・デメリット

次に折込チラシのメリット・デメリットについて考えてみました。

 

折込チラシのメリット

・年配層及び主婦層の観覧に期待できる

・特定の地域にピンポイント散布が可能

・複数店舗を載せることにより、販促コスト削減可

 

折込チラシのデメリット

・宣伝内容の制限(規制)

・地域によっては宣伝回数の制限あり

・費用対効果の検証が難しい

 

ざっくり考えるとこのような感じに…個人的にやはり、メリット以上にデメリットが目立ちます。

 

 

まず、デメリットにある「費用対効果の検証」が難しい点!!

折込チラシによって来店促進につながっているかどうか?検証することはまずできません。

”来店時にチラシを持参ください”等の工夫ができるのであれば、多少の効果検証が可能ですが、広告宣伝の規制と指導対象になる可能性もあるので難しいでしょう…

 

それに、宣伝内容も限定されるので情報量もネット広告より希薄してしまいます。

規制対象に当たらない内容はこのような感じとなります!

 

案内できる内容

・新台入替案内

・店舗所在地

・遊技料金

・設置機種の種別と台数

・景品取り揃え案内等

折込チラシでは、上記のような案内が限界でありネット媒体のように機種情報のリンク等から情報を取り入れる事が出来ません!!

そのため、折込チラシは単なる事実告知が限界で、詳細情報等は別の媒体から取り入れる事となり利便性の面でも劣っているようにも思われます。

 

しかし、これでは上司を単純に論破して終わってしまい、あまりに可哀そうなので「今後、必要になるであろうツール」の提案から上司に華を持たせてあげられるよう、考えていきたいと思います(苦笑)

 

ネット広告のメリット

最初に断りを入れておきますが、私の持論であり上司に華を持たせ、予算をもぎ取るための口実です(笑)

 まず、ネット広告のメリットから必要になるであろうツールの順番に説明していきたいと思います。

 

ネット広告(媒体)のメリット

・情報量の充実(外部サイトとのリンク等が可能)

・位置情報(GPS)を利用したエリア毎に案内が可能

・データ取集により、費用対効果の明確化が可能

 

大まかにメリットを挙げると、個人的にはこのような感じになりました。

折込チラシのような、不特定多数にばら撒く手法より「閲覧頻度・利便性・効果検証」等どれをとってもネット媒体の方が優秀でありデメリットもないのではないかと…

 

それに自店での主要ターゲットは主に20代~50代の年齢層なので、ネット利用者の統計からも折込チラシより理に適っている!!

 

今後、必須となると考えているサービスツール

将来的に必須となりうるサービス…

それは…こちら!!

 

play.google.com

 

ご存知の通り、現在主流ツールとなってきている「台データ公開」です!!

なぜに必須となるのか!?予算をもぎ取るために、私個人の持論を述べていきますw

 

 

まず、業界の流れとして「パチンコ」にも設定が付くようになったことで「台データの重要性」が将来的に上がってくるものと思われます!

※今後、ユーザーが必要とするデータが変わる可能性大と推測

 

 

例を挙げるとすれば、まず1点は「TSA」でしょうね!

TSA=確変中の大当り確率になります。

今後の機械スペックとしても、初当たり確率だけで容易に判別させないよう「潜伏の搭載」をさせてくるスペックも増えてくるのではないかと考えております。

もし、潜伏を搭載した機械が主流となってくるようであれば通常時の確率だけでは設定を語ることはできないでしょうし…確変中の確率も公開してほしいという需要が増えてくると思われます。

 

 

上記の例を今後のパチンコに関して言えば、初当たり確率と確変中確率の双方に設定差が設けられているので、詳細データを見られる店舗と見れない店舗では、将来雲泥の差が生じる可能性が高いと思っております!

 

 

それに、より高性能なデータランプの変更よりコストも掛からず工事も不要な点を考えてもホール・ユーザーにとっても必須ツールになる可能性もゼロではないと言えるのではないでしょうか!?

 

 

これを会議でプレゼンし、他店舗への導入も促していく予定です(笑)

ちなみに、こちらサービスはGOLUCKさんがよろしいかと!!

ツール面では、徐々に充実していくでしょうし…何よりもサポート体制がしっかりしています!!

 

 

最後にまとめますと…

やはり折込チラシは不要です(苦笑)

それでは、来週の会議で予算を引っ張って来たいと思います!!

これにて以上となります。