転職活動中のパチンコ店長ブログ

転職活動中の現役パチンコ店長が業界情報を語る!

「台の根性焼き」を法的に考えるとどうなるか!?ホールからの損害賠償請求は〇〇万円?

20181117163924

最近、見かけなくなった「根性焼き被害」…

一昔前は、GOGOランプの中まで触れる時代もありました(苦笑)

本日は、タイトルにあります「根性焼き」に法的策を講じるとどうなるか!?

いろいろと調べてみましたので、ご覧いただければと思います。

 

今回の記事を書くまでの経緯

過去、ホールでのトラブルでも手を焼いていた「根性焼き」…

毎晩、焦がされた箇所を「ピカール」で研磨していた記憶がまだ鮮明に残っております(苦笑)

 

 根性焼き対応の必需品はこれです(笑)

ピカール 金属磨き 300g

ピカール 金属磨き 300g

 

 

先日、ホールで久々に根性焼きの被害が…主任から再発防止のため「警告文書」を出しましょう!と提案。。。

いいんじゃないと軽く返事をしましたが、主任が作ってきたPOPが立派すぎた!!

 

内容は簡単にご紹介すると、

・警察に通報する

・出入り禁止にする

・法的策を講じ対応する

の3点が記載されている、警告POPでした。。。

 

警察に通報するのと、出禁を促す事は問題ありませんが「法的策を講じる」って具体的にどうするの!?

と、疑問に思いもろもろ調べたってわけです。

 

それにしても、私がホール巡回していた「無法の荒野時代」にはPOPなんかより「店の外で話し合い」がメジャーでしたが…今の時代、対応も柔らかくなったもんだなぁ~と思います。

 

台の根性焼きは、法的に取り締まりが可能なのか!?

f:id:kaiji-delivery:20181018203958j:plain

こちらに関しては、民事・刑事の双方からどのような取り締まり、策を講じる事ができるのか調べてみました。

刑事上の対策

「台の根性焼き」に関しては、刑法上の「器物損壊罪」に該当するようです。

刑法264条に該当し、3年以下の懲役又は30万円以下の罰金もしくは科料となるとのこと。

 

尚、器物損壊罪に関しては「親告罪」と言い、お店側が「告訴」という事を行わないと刑事裁判によって処分は不可となるらしい…

 

そして、この告訴については原則、犯人を知った日から半年間経過すると告訴できない特質があるよう。。。

私は、全く知りませんでした(苦笑)

民事上の対策

民事上の法的策としては、まず損害賠償請求として、「台の修理代請求」が可能とのこと!!

また、民法上は「根性焼き」によって、機械の故障が発生した場合には、その台が使えないことによりホールが逸失した営業利益を請求できる可能性が高くなるようです!!

これって冷静に考えると、罪を犯した方は…かなりの賠償額を背負う可能性があります。

 

ホールからの損害賠償請求額は!?

ホールは稼働停止で、どのくらいの利益損失になるか!?

また、どのくらいの損害賠償をできるのか!?

簡単なシュミレーションをしてみましたのでご覧ください。

 

機種名:CRぱちんこ中間管理録VV(仮)⇒みなし機

台粗利:2,500円

残り設置可能な日数:約1年(360日)

だった場合の損害賠償額は…

 

2,500円(台粗)×360日(残り日数)なので

 

90万円の損害賠償額に!!

 

たった一台の稼働停止でホール側は、約100万円の利益が減ると同時に約100万の営業補填を請求することとなりそうです。

尚、仮にも「みなし機」を例に挙げたものなので、検定機であれば「部品交換費用」+「2週間程度の営業利益補償」で済むと思われます。

どちらにせよ、パチンコの負け額より、多大な金額になる事は間違いないので止めたほうがよろしいです(苦笑)

 

 

ホール側の実際の対応

最後に根性焼きに対しての、実際のホールの対応を説明したいと思います。

こちらに関しては、ホールの様々な対応が機械の区分次第と度合で変わってくるかと…

 

ホールから損害賠償請求をされる可能性

機械の故障等々があっても請求される可能性は少ないことと思いますが…機械の状態次第では話しは別かと。。。

下記に要約してみました!!

みなし機の場合

・部品交換不可

・故障時は撤去

 

注目点

上記、2点の特性がありホールは撤去の選択をすることとなるので、損害賠償を請求される可能性大と思われる!!

 

検定機の場合

・部品交換可

・変更承認後は稼働再開

なので、損害賠償請求をされる可能性は低いと思われますが…みなし機と違い「転売」が可能って点を店側がどう判断するか!?

例えば、高価なジャグラーの場合「GOGOランプ」に根性焼きがあったら、転売額が安価になるか、売却不可となる事でしょう。。。

その為、機械によっては損害賠償請求の可能性も少なくはないかと…

 

警察への通報と出入り禁止の宣告

こちらは度合と頻度次第でしょうから、即刻通報される可能性はかなり低いものと思われます。

ホールも犯人の特定まで、多少の時間も掛かりますし…

一応、大切なお客さんですから…どのホールも注意喚起等での対応が主になると思います。

 

出禁に関しても、上記内容と同様に即刻判断される可能性は低い。。。

しかし、被害被るのはホールだけではなく、ユーザーも同じこと!!

事実確認が取れ、数回の注意を促しても改善されない場合は出禁濃厚でしょう。。。

 

いかがでしたでしょうか?

本日は、トラブルネタで記事を書いてみました。

 

それにしても、「台の根性焼き」なんてなんだか個人的には懐かしくなりました(笑)

今では、そこまで見かけなくなったような気がしますねぇ~

2020年には根性焼きも禁煙により消滅しますが、禁煙後のパチンコ店の動向が気になって仕方のない今日この頃です(苦笑)

以上、根性焼きのまとめとさせていただきます!!