転職活動中のパチンコ店長ブログ

転職活動中の現役パチンコ店長が業界情報を語る!

「原則禁煙後」のパチンコ店はどうなる!?ホール営業に及ぼす影響はいかほどに?

20181117103333

法令成立でいよいよ始動された「受動喫煙対策」…

リミットは2年を切り、残り1年半!

パチンコ店は、原則屋内禁煙で「喫煙専用室の設置」が認められているが、果たしてどれほどの影響があるのか!?

本日は、簡単なシュミレーションから「受動喫煙対策」後の売上や粗利への影響を考えていきたいと思う。

 

 改正健康増進法の概要

受動喫煙対策を強化する「改正健康増進法」が2018年7月18日、参議院本会議で可決し、成立した。

この改正健康増進法により、2020年4月1日にはホールも屋内禁煙化することが確定しました。

学校、病院、児童福祉施設などの、受動喫煙で健康を損なうおそれが高い者が主に利用する施設や庁舎などの行政施設、一部の交通機関(バス、タクシー、航空機)は「敷地内禁煙」(屋外喫煙場所の設置は可)。
それ以外(事務所、飲食店など)の、多数の人間が利用する施設や船舶、鉄道については「原則屋内禁煙」(喫煙専用室内でのみ喫煙可)となる。  引用:プレイグラフ

 パチンコホールも、このカテゴリーに入る。
加熱式たばこについては、受動喫煙の影響が明らかになるまでの経過措置として、「指定たばこ専用喫煙室」であれば、喫煙はもちろん、飲食なども可能に。
規定に違反した場合、喫煙者に対しては30万円以下の、施設の管理権原者などに対しては50万円以下の過料を科す。

改正後の店舗イメージ

f:id:kaiji-delivery:20181017191249j:plain

「喫煙専用室の設置」又は、「加熱式専用の喫煙エリア」を設ければ屋内での喫煙も可能となります。

尚、上記2パターンに関しては、「構造設備の変更」となるため、あらかじめ公安委員への変更承認申請が必要となり、届け出なく変更した場合は「無承認変更」となるので営業停止等の処分対象となります。

 

申請から「工事着工⇒検査⇒承認⇒通知書の発行」の流れになりますが、最短でも約1カ月と新台入替の変更承認申請より時間を要する!!

その為、店休を取って対応するホールが多くなります。。。

 

変更後のOPEN時の注意点としては、喫煙室及び喫煙エリアには20才以下の立入が禁止となります。

ユーザーの喫煙状況 

f:id:kaiji-delivery:20181017193014j:plain

上記、グラフは日遊協が実施した「ユーザー喫煙アンケート」となります。

実に喫煙者ユーザーは全体の約6割を占めております。

この6割の動向次第では、ホールも大打撃必死。。。

致命傷にもなりかねないのです(焦)

 

 

それでは、現時点で「ホール内禁煙」に喫煙者はどう思っているのか!?

こちらも日遊協のアンケートをもとに記載していきます。

 

吸う(主に葉タバコ)

遊技回数が減ると答えたユーザー:約45%

行かなくなると答えたユーザー:約13%

吸う(加熱式タバコ)

遊技回数が減ると答えたユーザー:約43%

行かなくなると答えたユーザー:約15%

 

喫煙者の約5割以上が、遊技回数が減る…もしくは行かなくなるとの意向を示しております。。。

喫煙者の遊技回数と来店回数に影響が出る事は明白であり、私個人の所感では機械以上に問題視しております。

 

喫煙者の来店低下以上に新規ユーザーの参入が期待できるのであれば、問題ありませんがそれは難しい事でしょう…

健康増進法施工時の簡易シュミレーション

こちらシュミレーションに関しては、説明すると若干複雑になりますので…

早速、下記の店舗モデルを例として説明していきたいと思います。

店舗モデル:570台 月間粗利:約3,000万円の場合

f:id:kaiji-delivery:20181017202841j:plain

補足

客数=時間辺りのアウトを「パチンコ:4,000個」、「スロット:1,700枚」を係数とし試算(営業時間:14h)

計算は下記の通り

例)4円パチンコの客数算出

180(台数)×アウト=総アウト

この場合総アウトは、「1,170,000個」になります。

次に上記の時間辺りのアウトと営業時間を総アウトから割ります。

1,170,000(総アウト)÷14(営業時間)÷4,000(1hの打ち込み)=客数

上記試算上、客数は約20名となります。

 

喫煙者客数に関しては、喫煙者58%(日遊協調査)を参考とし算出しています。

4円パチンコの時間辺りの客数は、「平均:20名」で喫煙者は内58%なので「平均:12名」となります。

 

施工時のシュミレーション

喫煙タイム:約7分=7分間のアウト減(打ち込み減)した場合どのくらい売上と粗利に影響を及ぼすか簡単に試算したものになります。

※客数は変わらないことを条件とし、「喫煙タイム」でどのくらいアウト・売上・粗利が減るのかを試算したものになります。

※営業時間は14h、一時間辺り1本吸う事を前提としてシュミレーション。

 

f:id:kaiji-delivery:20181017204329j:plain

こちら、シュミレーション結果をまとめますと…ホールの利益は。。。

台粗利:約135円の減

月粗利:約200万円の減

する事となります。

現時点では、遊技しながら喫煙する事が可能であるためアウト(打ち込み)に支障はありませんが、2020年4月以降は喫煙室or喫煙エリアでの喫煙になるためアウトの減少は否めません。。。

 

たった7分間のアウト減時の試算でしたが、上記モデルケースでは月間:200万円もの粗利が減額されてしまう結果となりました。

年間で約2,500万円の粗利が減るって…普通に笑えませんよ。。。

タバコと同く、ホールにとっては「百害あって一利なし」ですかね(苦笑)

 

上記シュミレーションは、旧内規を対象にしているシュミレーションなので、それ以上に打ち込みが必要な新内規でシュミレーションしたら…間違いなくこの数値以上になってくるでしょう。

 

最後に今後のホール動向を考えますと、これまた個人所感ですが…

「非喫煙者」の取り込みを戦略的に実施してくる法人が少なからず増えてくるのではないかと思っております。

 

既存客を残留させても、喫煙者の遊技時間と回数が減ってしまったら、将来的には元も子もないですからね(苦笑)

 

www.shinnopo-slot.com

 

”ちょるさん”の記事にて紹介があった通り、先んじて行動するホールも少なくないでしょう…

私も社内会議にて、「非喫煙者」の集客を提案しておりますが…あまり関心をもってもらえません(苦笑)

まだ早い!!の一点張りで一蹴。。。

 

確かに早いかもしれませんが、中小法人は先んじて集客に取り組み、固定客作りも考えるべきではないかと…

愚痴ると長くなるのでこの辺で!!

 

以上、喫煙対策時の記事でした。