転職活動中のパチンコ店長ブログ

転職活動中の現役パチンコ店長が業界情報を語る!

設定付きパチンコの全国データがエライことに。。。

 

どうも!!

中間管理職の小田切です。

本日は、今週から導入された「設定付きパチンコ」のデータがエライことになっていたので記事にしました。

 

f:id:kaiji-delivery:20180819153133j:plain

 

■Pフィーバー革命機ヴァルヴレイヴ W(データ)

 

参考台数:1,100台

アウト:41,140

台売上:38,556円

台粗利:-2,158

玉単価:0.94

玉粗利:-0.05

 

なんと登場週の全国平均は赤字

ホールもお試し運用が主なので、小台数導入(1~7台)で設定が使いやすかったと思われます。

調整データに関しては、、、

 

スタート:5.0~6.0の範囲

1000円換算:17回~24回

初当り確率:60~120くらい

※潜伏があるので、ホールコンデータ上のTSは甘めになります。

出率:80%~130%

 

こんな感じです!!

ちなみに設計値では設定3~100%を超えてくる模様。

SISデータを見た感じは、2店舗に1店舗は出率100%超えでした。

調整上の話をしますと、TYにかなりのブレがあり(500~1200)TYが高いデータほどスタートが低い数値になっています。

逆にTY低いデータほど、スタートが高い!!

これが何を表すか。。。

 

高設定=調整辛い

 

低設定=調整甘い

 

回らない=高設定の可能性大、回る=低設定の可能性大の傾向はデータからも見て取れます。どちらも苦行でしかないと思うのですが…

 

店長の視点で、唯一設定付きパチンコを狙うのであれば

 

導入初日の”一択”です!

 

■導入初日の機械運用予想

 

釘=ほとんどノーマル(出荷時で21回くらいは回る)

設定=中間設定以上に期待できる。閉店時間が23時だったとしても店側は大した赤字にはならないため。

※特にコーナーOPENで15時~とかは狙い目!!

粗利は相当抜けそうな機械がほとんどなので、頻繁に打てるスペックと調整ではなさそうです。。。

/* ライブラリ遅延 */